戦国ランス

ALICE4.0 ランキング
 
というわけでランキングいってみましょう。
選考基準は汎用性の高さ。
 
10位 鈴女
1コスでアグレとダッシュ持ち。能力的にも十分強い子です。
ただナツミっていう優秀な子と比べると厳しい部分があるのは事実。
好みが分かれるラインではあると思います。(でも入るのはナツミなんだよね)
 
 
 
9位 マリア・カスタード
コスト追加で実質5点、能力的には平均だけど花はDP上げることが得意だからうまく使って終盤タッチからの5点を狙いたい。
あと共感や感応でも起きる点がポイント。
 
 
 
8位 山本五十六(大和撫子、疾点突破)
大和撫子ははっきりいっていろいろ怖い。別に3コス発動の必要はないわけだからアルクのパーミッション型が強い。
疾点突破は見てのとおり日や宙との対戦で活躍してくれます。ってかサイドアタックはずるい。
 
 
 
7位 しのぶ
みたまんま、雪の2コスAP3.ペナルティがいろいろあるけど1ハンドで出るAP3は意外と重要。
ただDP1だから、それならしぐれとチサトでいいねってのが感想。
 
 
 
6位 柚原柚美
花のEx2、2コスAP3の5枚目。位置としてはピーチかココナとの入れ替えになると思われる。左AFに出れるAP3が瑠璃しかいなかったのでこの配置は大きい。
能力も(おまけ程度だけど)高コストの高い効果。ってかバトルで負けないでしょこの子。
 
 
 
5位 シィル・プライン
花の基本カードになる(かも知れない)カード。DP上昇はやっぱり強い。
ただコスト食いのキャラなので花単では厳しいかもしれない。また能力の対象が同オーダーなのでやっぱりすももの方が扱いやすい。
 
 
 
4位 高坂義風
宙においてDPアップのキャラが入るのはとても重要、止まってた舞が動き出せたりするから。
能力的にも2枚は確定で入るだろうカードEx2、2コストサイステ2・2・1。個人的に今回のトップアンコ。
 
 
 
3位 種子島重彦
新しい日の3・1。サイネリアに近い能力を有している。違いはコストがかかるかどうか。
好み次第だろうけど、金銭的にはこちらを進めたい。でも、男だから翡翠で止まるw
 
 
 
2位 雪姫
蘇生能力の2コスト、コンバ前の種を拾ってきたり、長谷部やラピス釣ってきたりとその汎用性は計り知れず。
コンボ重視の雪がらみにとってはぜひとも積みたいカード。
 
 
1位 南条蘭
もう有名ですね。序盤にでれば一枚での制圧も可能。でも、花には弱い。
ただ、既にエラッタのうわさが流れているのでどうなるかわかりません。
 
他にも高スペックで優秀なキャラは多いんだけどテキストが複雑で扱いにくいものも多いのがぱっと見の印象。
色としては、日と雪の強化がされた感じ、そしていつもどおり型月で宙、月、花、星と。
レアだけでなくアンコに優秀な子多いなぁとも思う。
 
・・・参考になるかなぁ・・・
 
>わすれなさん
謙信は1ゲーム1回ってのが許可できませんでした。 
広告
カテゴリー: Lycee パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中