アザミのいろは 楽屋

アザミ型一周年記念冊子
LyceeTCG考察本
アザミのいろは
ーアザミ・クリケットが大活躍する構築論ー
 
の原稿でございます。以下の記事はver,あかべぇそふと2 ver.2.0までの環境をもとに書かれております。
 
今回の文章はあくまで1個人の見解で書かれているため、解釈の一つであると考えてください。
 
 
 
…卒業論文よりも字数多くなった…
 
以下米レス
>各種ドロソへの対処
キャラは筆談などで除去してそれ以外は望月綾芽、ドローイベントはスルーってのが基本方針です。
ドロー系のイベントで増やせるハンドはたかが知れてます。
 
>ちょお人気の使用上の注意
相手に移動系のキャラがいるとハンドから打っても対処される場合が多いです。
アザミから打つことで相手が対応できませんし、一度打たれると相手はいろいろ警戒してくれます。
ただし、あくまで除去する選択肢の一つ、と考えておくのが大切です。
 
>(ブラフ込みで)思いがけない使い方、配置について
たぶん、考察見ていただければわかると思いますが、疑問などがあればコメントしていただければレスさせていただきます。
広告
カテゴリー: アザミ型の構築論 パーマリンク

アザミのいろは 楽屋 への1件のフィードバック

  1. si より:

    毎度おじゃまします。やはり人の意見は参考になります。ただやはり、実際の対戦を見てみたいと思いました。特に、アザミでコストのために入れるイベントの選択や、メルクリで起こすキャラの選択。除去を撃つ、撃たずに抱える、撃てなくてもブラフとして抱える等の選択。長谷部が出ている状態でシュートを引いた場合、使うか使わないか、使うならどのあたりを目処にするか。これらなんかは対戦相手はもちろん、ハンドや場でもいろいろ変わるので、とても興味があります。特にアザミ型はなかなか希少種なので。自分はピピピが上手く使えないと思っていたのですが、やはり配置が若干違いました。あとムシ入れについても少し使い方に差があったのでとても勉強になりました。あと気になっていたのですが、デッキサンプルのイベント枚数が23枚ですが、さすがにキャラが出なかったりしませんか?初手にアザミが出れば圧縮もできるので、何とかなりそうですが、出ない場合や、信頼関係も考慮すると辛いと思ってしまうのですが、やはり展開方法の違いなのでしょうか。中盤までにできるだけアザミを除くアタッカーが2体は欲しいと思っているのですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中