Will+ ランキング(仮

Will+ RANKING

ランキング除外が1人いるので20位からスタート

19位 アルトワネット
コスト発生キャラ、フリーに使える宙宙を発生。ただし、自身のタップとデッキ2点が代償。
宙単で使う場合宙宙発生というのは破格のコスト。曹操クラスが1ハンド、森羅が絡むと3コストキャラはノーハンドw
ただし、こいつ自身は能力の関係上DF配置になりやすくデッキの痛め方が激しい。終盤はテレサのエサにするのが妥当なところ。
こいつの配置コストが活人形とかみ合うため、混色でも活躍できる点は評価できる。 

18位 黒河雲母
配置条件で相手キャラを破棄できるメタキャラの一種。主に宙のや日の主力クラスに刺さる。
自身のスペックも及第点。

17位 青姉
ゴミ箱からの任意サーチキャラ。奇跡あゆの月バージョンといったところ。
的中、読書、柏手、ザーカイ定食と破棄するイベントは事欠かないため、ピッチスペル、奪取系の種としては非常に優秀。
若干配置が狭いのがネックではある。

16位 月守りりか
アイテムサーチキャラ。活人形のように使いまわしがきくアイテムと相性がいい。また、兼定様を使えばハンド増える。
投擲と組み合わせて打点加速してもいい。蒼井セナのようにアイテム破棄と相性がいいキャラも登場しているので新タイプのアイテム宙単のキーカードにできそうではある。

15位 鰐口きらら
なんだかんだで日のジャンプもちは多い。のんちゃんのコンバをサーチしたり、コンボカード探して来たり。
自身のスペックもEX1のことだけはあるが逆に言えばEX1が邪魔になるということ。
おみやげ型での採用推奨。

14位 七海伊緒
寝てても使えるウェイクアップドロー+1キャラ。ただし寝ないと使えないともう。
もし単純にドロソとして使うなら優秀なキャラは多数存在する。タップ必要ドロータイミング遅いとか使い道がない。
しかし、菅原里見が絡むと一変して強烈なキャラにw ちっちゃいサイクラといったところ。
テンノサカヅキのように相手の打点を気にしないで回復が大切なデッキだと序盤はドロソとして、後半は回復要因として非常に重宝する。

13位 セルマ=フォルテンマイヤー
総合的に理想的な宙キャラとしてまとまってる。ステップ432能力でダッシュとボーナス4点。
もともと宙にオーダーステップ持ちが多いのは召喚酔いのターンをそのスペックで相手のアタックを止めてからAFへ移動するといった動きができるもの。
ダッシュをもつキャラは総じてそれがしやすい。さらに、ボーナスによる貫通打点もあるため総じて使い勝手はよい。

12位 与野ひよ
基本スペック高いね。なんでサポートすると回復するんだろう。ゴミ箱除外付きで。
総じてジュリアンと相性がいい。あと配置の広さ。
大宮と浦和はどこいった

11位 神楽那由他
曹操の壁がなければ即宙単投入レベルのぶっ壊れスペック。443ステップ0デキボ1点ダッシュもち全配置とかw
しかも能力補正を失わせる能力のおかげでDP4クラスじゃないと、DFに立ってるだけで基本的に1列封殺。
ただし総合的な打点でみると曹操には及ばず。次点の4コストキャラとして採用できる。

10位 ココロ
おっきな羽入、ただしメタ能力が現環境だとかなりささる。沙耶、チェスカ、秋蘭、謎の少女などなど。
また、羽入と違ってアタッカーにもなれるAP1w
ペナルティ1ドローが遭遇などとも相性がよく即戦力として期待できる。
ただし、花1コストであるため、マリアでのサーチがしにくい。

9位 リリアーナ=ルン=ルン=ギュンスター
スペック及第点の十手系の能力もち。起動コストがかかり、1回づつしか使えなくてもその圧力は相当なもの。
・AP0orDP0…強制的に相打ちを取られる。夏休みや袁術クラスのキャラが相打ちブロッカーに。宙に対してえげつない抑止力となる。
・同列以外のキャラタップ…打点を無理やり通したり、相手のアタックをつぶしたりと基本的な動きはもちろん、相手のサポートつぶしにも使えるのが大きい。花以外に対しては強力なバトルサポートができる。
・このキャラを移動する…終盤詰めに使ってもいいし、アタック宣言対応で飛んで一方ダウンを狙うのもいい。
とバトル関係でここまで強い圧力をかけられる。花と雪以外に対しては積極的に登場させたい。

8位 雲外鏡・睡
ゴミ箱全除外、10枚以上で3ドローの子。神楽坂京子とシナジーを組むが、条件付きながら寝ないで速攻引けるという月単のドロソのいいところを持っていないため、混色向けのデザイン。
ジュリアンやメレムなど相性のいいドロソは少なくないのでゲームセット、ローレルなどと組み合わせてどうぞ。

7位 高月殿子
雪の高効率の回復キャラ。ターン開始時毎に選択で1ハンド3点回復+ゴミ箱3枚除外と往復の回復が最大6点と里見以上。
現状の雪単だとこのような大型回復キャラがいなかったため、終盤に登場させられれば相当な活躍が見込めるはず。
4コストながら里見よりスペックが上でありウェイクアップドローでもドローできるのが里見との違いであり、優秀なところ。

6位 ネガティブゼロ(夢埜玲子、ファソ)
2体コンバながらファソの能力で相棒をサーチできるため、実質的なコンバ率はコンバ前後44の組み合わせよりも高い。
その上ペナルティ込みで考えると実質1ハンドキャラ。
バトル中限定ながら相手DFキャラタップで2点は破格の能力。月1ハンドの能力ながら稼げるダメージは想像以上に高い。
ただし、バトル中限定だったり、対応サポートで回避されたりするので使いどころは間違えないこと。
コンバージョンに複属性を要求されることとデッキスペースの圧迫がネック。
あと公式公認クズレアw

5位 ポジティブワン(守沢いちよ)
花月EX2のコンバージョンキャラ。能力でコンバージョンをサーチすることができる。
ユメドリームなど強力なコンバキャラをサーチするもよし、コンバ前後同名キャラをハーモニカと組み合わせて2枚分のハンドアドにするもよし、二重人格と組み合わせたコンバループのシナジーなどを作るもよし。
ペナルティがコンバ前を呼び戻すためリセット系とも相性がいい。
なにより最終進化でサーチできる花月EX2なのでかなり使い勝手がいい。

4位 レイス
男性キャラでありながら、条件付きで破棄に耐性があるため非常に強力なキャラ。
場を離れるときに能力が発動するので、ダウンだろうが除去だろうが場を離れれば発動する。
EX24コスト511ジャンプ宙宙全配置とスペックも悪くない。
輸血パックでレイスを1枚ゴミ箱へ落とせば上記の条件は容易に緩和できる。
また、戻る先がデッキボトムなので村田千果で回収可能。DP1を利用してだよもんを生かすのもいい。
かなり応用が利く能力もちといえる。

3位 翠下弓那
さしずめ花単版棗恭介。自身の基本スペックは及第点だが、やはり能力の使いどころが難しい。
基本的には相手の2体目以降のアタック宣言対応で使用し、打点を止めに行くのが一番多い使い方だが、全キャラアンタップということは恭介デッキで使えるカードはすべて使えるということ。

2位 睦越八枝美
コスト発生の宣言であるため対応タイミングがない能力。
ダイダロスで使い終わったアイテムを利用するのはもちろん永劫の剣を利用した奪取コンボでも有名。
日日星のから登場するキャラは決して少なくない。また、耳年増の関係でコスト軽減エリアを生かした構築もしやすい。
ちなみにおみやげを経由すると日日日星のハヤウェイクラスまで登場が可能。

1位 如月すず
デッキ2点の代償と宣言できるのが往復2ターンで1回とはいえ、対応できないタッパーというのは相手をロック状態にできるため、除去よりも強い場合が多い。
特に花がらみのようにサポートで固めてくる相手には真ん中を寝かせるだけでかなりダメージ効率が変わってくる。
コスト的には宙雪のような火力が確保できるデッキとの相性がよさそうだが、フェザリーヌのような大火力のアタッカーが存在し回復も完備している雪単でも十分に活躍できる。
ただし、カゲナシ伊吹の絡みもあるため相手を止めることにこだわらずサイドステップを生かして柔軟に動くことがポイントとなる。

ランキング除外
一ノ谷刀子
能力起動で魂振り置き場へ移動できるカードの枚数次第ではぶっ壊れカード。
そもそもハンドを消費しない除去はハンドアドゲーのリセのシステム上最高位の除去性能。
0ハンド除去(しかもターン開始時のため対象とらない)は雪に存在するけどそれでも登場してから往復4ターンの経過が必要。
デッキ1枚+1ターンで打てたらぶっ壊れといわれても仕方ない。
もし、魂振り置き場への移動が1枚ずつだと5ターン+デッキ5枚とちょっと採用しにくい。
1月チーム戦前後に出るであろう裁定待ち。

全体的にデッキ4投の基本カードが更新されたというよりも基本値の底上げが目立ったパックですね。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中