2ばんせんじ

――諸君

私は宙単が好きだ

諸君

私は宙単が好きだ

 諸君!

私は宙単が大好きだ

武人が好きだ 
 魔術師が好きだ
楽士が好きだ 
 暗殺者が好きだ
悪人が好きだ 
 機械が好きだ
精霊が好きだ 
 吸血鬼が好きだ
不死者が好きだ 
 獣が好きだ

定期で 
 公認で
限定構築で 
 ブードラで
フェスタで 
 バトラで

オープンで 
 GP予選で
フリーで 
 調整会で
スカイプで 
 動画で
オンラインで 
 GP決勝で

このLyceeに存在する
ありとあらゆる宙単が

大 好 き だ !
 

戦列を並べた武人たちの一斉攻撃が月単ハンデスを吹き飛ばすのが好きだ
貫通ダメージ(ボーナス)で浮き足立った敵が強烈な攻撃でバラバラになった時など心が踊る

ペナルティドロー(除去耐性)の加護を受けた暗殺者が敵デッキを削り取るのが好きだ
悲鳴を上げて除去を撃ってきた雪を高火力でなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

足並みを揃えた対魔物(メタ)軍団が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ
既に崩れ去ったロックを何度も何度も打ち破る様など感動すら覚える

速いだけの日軍団をカウンセリングで吊し上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶチャンパーが楽士の神曲と共に登場した精霊にばたばたとなぎ倒されるのも最高だ

哀れな花が雑多なパンプアップで健気にも対抗してきたのをプロミネンス(ファイア・アコーディオン・プリーツ)の一撃が隠れ石ごと木っ端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

3色カウンターに目茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった戦闘員を蹂躙され、攻め手段が殺されていく様を見るのはとてもとても悲しいものだ
 
3色ビートの物量に押し潰され殲滅されるのが好きだ
バイクに追い回され低級アタッカーの様に地べたをはい回るのは屈辱の極みだ

諸君

私は圧殺を
1ショットのような瞬間圧殺を望んでいる

諸君

私に付き従う宙単使い諸君

君達は何を望んでいる?

『『『圧殺!圧殺!圧殺!』』』

よろしい

な ら ば 圧 殺 だ
     

我々は2コストを込めて、今まさに放たれんとする徹甲弾だ
だがメタの底で何エキスパンションもの間堪え続けてきた我々に、徹甲弾ではもはや足りない

列除去を!

相手の抵抗(登場)さえ許さない完全制圧を!

我々はわずかに1デッキ、60枚程度の中堅デッキでしかない
 
だが諸君は一騎当千の兵(つわもの)だと私は信仰している
ならば我々は、諸君らと私でAP60の一撃となる!

我々を忘却の輪へと追いやり眠りこけているトップメタを叩き起こそう

流れを掴んで引きずり落としデッキを0にして思い出させよう
連中に複数除去の味を思い出させてやる
連中に守りきれない絶望を思い出させてやる
メタとメタのはざまに
奴らのメタ学では思いもよらないロマンがある事を思い出させてやる
60枚の宙単で環境を蹂躙し尽くしてやる

『プレイヤーより全宙キャラへ』
目標、敵デッキ、枚数60

マリガン無し
ウェイクアップ、ウォームアップ
メインフェイズスタート

宙単、状況を開始せよ

  ―――とある小太りの  
宙単プレイヤー 

広告
カテゴリー: Lycee パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中